ブートサーバーの冗長化

プライマリサーバー障害時には自動でセンカンダリサーバーに切り替わるので、クライアントPCは端末のリブートを行うことなく、そのまま継続利用が可能です。万一のトラブル時の迅速な対応が可能になり安心して利用できるシステムになっています。

スタティックブート

DHCPサーバを使用せずに直接ブートサーバーにアクセスをしてイメージを起動することが可能です。クライアントPCの起動時間が短縮されて、一斉起動による回線負荷が軽減されます。
※ 端末は事前に検証が必要です。

アクティブアップデート

起動中のクライアントPCを終了させることなくクライアントイメージのアップデートが可能です。新旧のイメージを並列稼働させながらアップデートを行います。終了しているクライアントPCは次回起動時にはアップデートされたイメージを使用します。稼働中のクライアントPCは終了するまでは以前のイメージのまま稼働され、終了後に次回の起動時にはアップデートされています。